経験から得たもの

これは私が専門学生の頃の話です。
10年くらい前です。

キャバクラの体験だけでお金が貰えるということで、友達と一緒に体験だけいってみよう!
ということになりました。
その頃の私は、知り合いや、友達を増やすのが楽しくて楽しくて
結構アクティブに自分から色々な所に出向いていました。

初めていったキャバクラは、昭和な雰囲気を売りにしたキャバレー的なお店でした。
かなりお店の照明も暗めで、30代の女性が多めでした。
わたし的にはそっちの方が、完璧バリバリに化粧に力をいれなくてすむので楽でした。
ダンスタイムもあり、その間は喋らなくていいのでさらに楽です。笑

少し暗めなので、お客さんの酔いも早く、喋りやすかったです。

初めてなので、友達とドキドキしながら接客の仕方、お店のルール、イベント事などの説明を聞き、
手書きの名刺を持たされ
いざ、出陣です。

初めてなので席につくときも、ママやスタッフの方が、フォローしながら優しく促してくれました。

もちろんNo.1とか2の先輩の席で、そこにも緊張です。

先輩方々は喋りもうまく、男性への接し方がうまい!

これがキャバ嬢か?!
と関心したのを覚えています。

結局私達は同じ会社の系列店舗を体験しながらまわり、最初のキャバレー風なお店でバイトすることになりました。

週2、3回入ってそれなりに楽しみながら頑張っていました。

結局1年ぐらいやって、
最終的にNo.1の先輩を抜くというところまできました。
これはお店の雰囲気が、私にも合っていたってゆうのが大きいかなって思います。

ちょうどその頃親にもバレて、
専門の実習も始まる時期だったので、
バイトを辞めることに。

この1年間で培った会話術や、接客の仕方、人間関係等は、その後もいかされ、
色々な接客の仕事に役立っています。

このキャバクラのバイトのおかげで、
居酒屋や、BAR、受付嬢…
なにをやっても臆せずできているような気がします!

キャバ嬢やってよかったなってすごく思います。